環境未来住宅コンペティション

募集要項

目的

 東日本大震災からの居住再建が本格化する中、防災・災害危機管理、居住者の高齢化・福祉対応、および環境配慮・低炭素化に配慮した多様な仕様・スタンダードの住宅案を結集するコンペティションを実施致します。本コンペは、次世代の家づくり及び街づくりを担う学生・院生の学ぶ機会、および専門家の叡智を結集する機会を提供するとともに、被災地の現地視察・交流会を通じて、市民、行政、専門家、住宅関連業者間の交流を図って認識を深め、また受賞作品の実施設計・住宅販売を通じて新たなビジネスモデルの構築に寄与することを目的としています。

主催

環境未来住宅コンペティションIN東松島実行委員会

共催

東松島市

後援

東北経済産業局(経済産業省)

一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)

協賛

株式会社セラウェーブ東松島支店

応募部門

※各部門とも個人またはチーム単位(3名まで)でご応募ください。

賞金

最優秀賞 (1チーム) 賞金30万円
優秀賞 (1チーム) 旅行券10万円
地域賞 (1チーム) 10万円

質疑受付

[期間]平成26年6月2日(月)~平成26年7月18日(金)

第1次審査受付期間

平成26年7月18日(金)~平成26年7月25日(金)

(応募は郵送のみとしております。平成26年7月22日消印有効としておりますが、遠方よりの応募の場合25日必着となるようご留意ください)

第1次審査方法

計画地 :東松島市内

家族構成: ◇30代~40代の夫婦と子供の4人家族(A)または◇高齢者夫婦2人家族(B)のいずれかを選択していただきます。

提出書類:A3用紙2枚に、計画趣旨(800字以内)、各階平面図、立面図、断面図(いずれも100分の1)、パース、模型写真(実物は不可)等を記載・レイアウトし、提出していただきます。

※用紙裏面には氏名・住所・電話番号・メールアドレスを記入してください。
※指導教官の推薦状、過去の作品や論文などの添付は任意です。

第1次審査結果発表

平成26年8月上旬 Eメールによる通知およびホームページでの発表とします。

第2次(最終)審査方法

<平成26年10月28日(火)消印有効。[現地]事務局宛>

作品発表会および市民交流会

平成26年11月中旬(現地にて予定)

最終結果発表 平成26年12月中旬

平成26年12月中旬

授賞式

平成27年1月下旬(現地における展示会・市民交流会も予定)

審査委員

◎市古太郎(首都大学東京准教授)

◎古山守夫(東松島市復興政策部長)

◎木村健二(NPO法人日本住宅性能検査協会理事/一級建築士)

実行委員会

実行委員長:大谷昭二(日本住宅性能検査協会理事長)
実行副委員長:高橋実(日本住宅ローン診断士協会専務理事・宮城支部長)
実行委員:井村進哉(中央大学教授)

実行委員会事務局

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-11-5日本橋吉泉ビル2階 日住検内
 TEL:03-5847-8235  FAX:03-5847-8236
[現地事務局] 〒981-0503 宮城県東松島市矢本字河戸342-2ゆぷと内
 日本住宅ローン診断士協会宮城支部内
 TEL:0225-83-8610  FAX:0225-83-8625