つよく、やさしく、まもる家 つよく、やさしく、まもる家

設計のコンセプト

長い仮設住宅での生活の中で、諦めていた自由なプライバシーを取り戻してあげたい。
周囲と繋がる余裕を持つために、まずは家の中に小さくとも非常に大切な空間を持つ家を提案します。

①安心できる自分だけの「内庭」があるということ

周囲に気兼ねすることなく自由に使え自分だけの中庭「内庭」を設けました。そこではペット、BBQ、様々な趣味など、仮設住宅での生活の中、諦めていた多くのことを思い切り楽しむことができます。また「外庭」も設けることで、新たな町並みへの調和や地域コミュニティとの繋がりにも配慮します。

濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
「外庭」は周囲と調和した風景をつくり、周囲から切リ離された「内庭」は家族で自由に使える

②「内庭」を介してすべての部屋が繋がり、様々な使い方が可能なプラン

家の中心を「内庭」とし、すべての部屋がそこに面するように計画しました。どんな時でも家族同士がお互いの気配を感じ、「内庭」を介して自然とコミュニケーションを図るごとができます。また部屋の建具を開け放てば庭と一体で様々な利用が可能となり、間取り以上に開放的で広々した空間となります。何より中庭があるごとで、季節や時間の変化を身近に感じる、明るく風通しの良い住空聞が実現出来ます。

・家族の距離を適度に保つ「内庭」
濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
「内庭」を介して家族が自然とお互いの気配を感じ、行き止まりのないプランのためどこに居ても家全体の一体感を作リ出します。
・子供部屋の一部にもなる「内庭」
濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
遊び盛りの子供には、安心・安全な庭付きの子供部屋にもなります。室内に留まらないのびのびとした教育の場となります。
・家族団欒にも使える「内庭」
濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
天気の良い日や来客の際は青空の下のテラスダイニングとして使うこともできます。大きな屋根の下、広々とした気持ちの良い空間が広がります。

③生活をしっかり守るシンプルで合理的な構造

回廊型の建物とすることで、風や音の影響を最も受ける外周面で必要な構造壁量をまかなうことができ、内部の間取りが自由になります。また平屋建てとすることで重心を低く抑え、耐震性を高めるとともにコストも抑えます。さらに、地元の職人でも可能な工法と一般的な流通木材を使うことで、将来の維持管理を容易にし、地域産業の活性化にも貢献します。

濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
・周囲に構造壁(耐力壁)を配置し、内部に自由で安定した環境をつくる 外周部ですべての構造壁をまかなうことで、内部にはプラン上の制約となる壁を無くしています。家族のニーズに柔軟に対応でき、将来の間取リ変更も容易な自由な住空間です。また構造壁が外周部にあることで自然と外壁の遮音、耐風圧性能も高まリ、結果として外気の影響を受けにくい安定した内部空間が生まれます。

④家族の要望に合わせて様々な仕様が選べるシンプルな建物形状

シンプルな建物形状を活かし、要望に合わせて様々なオプションが可能です。広い屋根面には太陽光パネルを多く設置し 節電や売電に活用できます。また、周囲の影響を最も受け易い外周壁、屋根に外断熱を採用し、床暖房や複層ガラスも採 用すれば、高気密・高断熱の性能をさらに上げることも可能です。また屋根付きのガレージを将来部屋や店舗に改修する ことも容易で、逆に不要な壁を簡単に取ることもできます。

・広い屋根面を活用して発電する

濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
4方向の広い屋根には、最大210㎡(約30Kw)まで太陽光発電パネルの設置が可能です。二一ズに合わせた面積をそのままの屋根形状で設置できます。

・様々なオプションに容易に対応可能な建物形状

濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家
建物形状を活かし、通気や採光ルートを確保することで、機械に頼らずに快適な住空間を実現します.また要望があれば、標準仕様に加え様々なオプションも容易に対応可能です。外壁の外断熱や床暖房など、更なる高気密・高断熱の家も大き荏変更なく実現することができます。

平面図

濱田慎太 つよく、やさしく、まもる家

▲ページトップへ