岡田知子 柴田加奈子 自然と共生し地域や人とのつながりを大切に考えた家 岡田知子 柴田加奈子 自然と共生し地域や人とのつながりを大切に考えた家

設計のコンセプト

●低炭素化に配慮した家

・太陽光発電システムを導入する。屋根に10Kwの太陽光パネルが設置可能。

・高気密、高断熱にする。

・まきストーブを導入する。

●地域の自然と気候風土に適応することで省エネルギーにした家

・多層構造の外壁で断熱性能を高める。

 北西の設備および収納スペースや土間スペースが断熱空間になリ、冬は温がく、夏は涼しい。

・風と日射をコントロールする。

 北西に常緑樹、南に落葉樹を植え、敷地内で微気候を調整する。

 冬は季節風を避け、夏は風を生み出す。 >

 浮力換気によリ、空気の流れをつくる。深い庇は夏の日射を防ぎ、冬は日射を取リ込み土間で蓄熱する。

●地域のまちなみやコミュニティに配慮した家

・外に対して開がれた家にする。

 格子を活用し外に対して開きながらもプライバシーを確保する。

・地域のコミュニティを誘発する土間を設ける。

 土間と連続する深い軒下空間は内へと誘い、隣人が立ち寄リやすく、集まりやすい。

・外観は地域に馴染みやすく、また、連続しても違和感のない地域の景観に配慮したデザイン。

●多様な住まい方に対応した家

・可変型の間取リ

 季節やシーンに合わせて間仕切リが変えられる。

 ライフステージの変化に対応できる。

 家族や住まい方に応じて間取リの変更が可能である。

・大きな土間が多機能な役割を果たす。

自然と共生し地域や人とのつながりを大切に考えた家

岡田知子 柴田加奈子 自然と共生し地域や人とのつながりを大切に考えた家

▲ページトップへ